手法の精度を高めるため、一目均衡表とMACDを同時に使った場合の検証結果です。

一目均衡表の転換線とMACDを使った売買手法の検証

豪ドル円 転換線の上下でMACDがシグナルを抜けた際のバックテスト

バックテストの売買ルール 評価[C]

  • 期間 2010/01/04〜2012/05/02
  • 使用チャート 1時間足
  • EMAパラメータは[12,26]固定、平滑シグナル[9〜20]で、価格が一目均衡表の転換線より上の時にMACDがシグナルを上抜いたら買い、価格が一目均衡表の転換線より下の時にMACDがシグナルを下抜けたら売り
買い
売り
総収益
pips
取引
回数
勝率
平均
収益
pips
最大
ドロー
ダウン
12,26,12
12,26,18
+4,001.1 692 277 415 0 40.02 5.7 1,231.6
12,26,13
12,26,15
+3,920.9 734 296 438 0 40.32 5.3 1,301.1
12,26,12
12,26,19
+3,904.9 682 274 408 0 40.17 5.7 1,297.2
12,26,13
12,26,18
+3,876.5 702 280 422 0 39.88 5.5 1,092.6
12,26,12
12,26,20
+3,855.9 672 274 398 0 40.77 5.7 1,176.4

バックテスト結果から

総収益や最大ドローダウンはMACDのシグナルとのクロスと大して変わらない結果となりました。
取引回数は少なくなっていますが、勝率自体は変わらずで取引の精度が上がったとは言えない普通の結果になっています。

MACDがシグナルを上抜く頃には大体は一目均衡表の転換線を超えている場合が多く、同じような動きともなるためにまた別の使い方をした方が良さそうです。

GMOクリック証券 FXネオ

レンジとチャネルライン
トレンドラインの応用とレンジ

保ち合い(持ち合い)
抜けた方向に相場が動きやすい

下値切り上げ
ダブルトップと似ているような形

上値切り上げ
ダブルボトムとの見分けが必要

ヘッドアンドショルダー
相場の反転ポイントを見付ける

手法検証メニュー

リンク

FXのお部屋
FX相場情報ブログ
相場に関する事や最新情報

FX口座比較と開設のお部屋
FX口座の比較や口座開設に
お得なキャンペーン情報も