スロー・ストキャスティクス1本のみ表示させて50%ラインを超えたら買い、割れたら売りという手法の検証です。

スロー・ストキャスティクスと基準値とのクロスによる売買手法の検証

豪ドル円 ストキャスティクスSDが50%ラインとクロスした際のバックテスト

バックテストの売買ルール 評価[B]

  • 期間 2010/01/04〜2012/05/02
  • 使用チャート 1時間足
  • ストキャスティクス 高安周期[14〜21]、Slow%D[3〜5]を使い、SDが50%ラインを上抜けたら買い、下抜けたら売り
買い
売り
総収益
pips
取引
回数
勝率
平均
収益
pips
最大
ドロー
ダウン
15,3
21,5
+4,640.1 634 256 377 1 40.37 7.3 941.8
14,5
21,5
+4,476.4 636 260 376 0 40.88 7.0 901.6
21,4
21,5
+4,181.3 638 259 378 1 40.59 6.5 900.2
19,5
21,5
+4,098.9 638 251 386 1 39.34 6.4 901.4
14,4
21,5
+4094.1 636 255 381 0 40.09 6.4 941.8

バックテスト結果から

限りなく評価[A]に近い優秀な結果となった豪ドル円のスロー・ストキャスティクスを使った売買手法は、平均収益は単純移動平均線(SMA)の売買ルール2の「平均線のクロス売買」に次ぐものとなっており、取引回数は同程度となっています。
50%ライン超えでの売買以外にも使い道のあるストキャスティクスは、更に応用や改良を重ねることで豪ドル円のメインのテクニカル指標になるだけの実力はありそうです。

GMOクリック証券 FXネオ

レンジとチャネルライン
トレンドラインの応用とレンジ

保ち合い(持ち合い)
抜けた方向に相場が動きやすい

下値切り上げ
ダブルトップと似ているような形

上値切り上げ
ダブルボトムとの見分けが必要

ヘッドアンドショルダー
相場の反転ポイントを見付ける

手法検証メニュー

リンク

FXのお部屋
FX相場情報ブログ
相場に関する事や最新情報

FX口座比較と開設のお部屋
FX口座の比較や口座開設に
お得なキャンペーン情報も