MACDのシグナルとのクロスという簡単な手法はユーロ円に通用するのかどうか、バックテストの結果です。

MACDのシグナルとのクロスによる売買の手法検証

ユーロ円 MACDがシグナルを抜けた際のバックテスト

バックテストの売買ルール 評価[B]

  • 期間 2010/01/04〜2012/05/02
  • 使用チャート 1時間足
  • EMAパラメータは[12,26]固定、平滑シグナル[9〜20]で、MACDがシグナルを上抜いたら買い、下抜けたら売り
買い
売り
総収益
pips
取引
回数
勝率
平均
収益
pips
最大
ドロー
ダウン
12,26,20
12,26,9
+5,449.1 743 303 440 0 40.78 7.3 1,137.1
12,26,18
12,26,9
+5,403.3 777 310 467 0 39.89 6.9 1,086.9
12,26,19
12,26,9
+5,320.7 765 306 459 0 40.00 6.9 1,080.1
12,26,17
12,26,9
+5,156.1 791 319 472 0 40.32 6.5 1,410.7
12,26,18
12,26,13
+4,841.7 777 307 470 0 39.51 6.2 1,810.9

バックテスト結果から

総収益が非常に高く安定した結果となっている時間足のユーロ円MACDクロス売買は、最も優れたもので勝率40%以上、平均収益7.3pipsと満足の結果となっています。
時間足を使うためにダマシは少なくなる反面、もともと売買サインの出るのが遅いMACDでは細かい相場の動きにはついていけず、限定的な値動きの中ではパフォーマンスが大きく低下するといったデメリットもあります。
MACDの動きと価格の動きを見て、現在の相場が強気か弱気かを見たり、トレンドの発生していない時には信用しないといった判断も必要となります。

GMOクリック証券 FXネオ

レンジとチャネルライン
トレンドラインの応用とレンジ

保ち合い(持ち合い)
抜けた方向に相場が動きやすい

下値切り上げ
ダブルトップと似ているような形

上値切り上げ
ダブルボトムとの見分けが必要

ヘッドアンドショルダー
相場の反転ポイントを見付ける

手法検証メニュー

リンク

FXのお部屋
FX相場情報ブログ
相場に関する事や最新情報

FX口座比較と開設のお部屋
FX口座の比較や口座開設に
お得なキャンペーン情報も