転換線の上下で相場の強弱を見て、更にMACDのクロスで売買をするという手法は有効かの検証です。

一目均衡表の転換線とMACDを使った売買手法の検証

ユーロドル 転換線の上下でMACDがシグナルを抜けた際のバックテスト

バックテストの売買ルール 評価[D]

  • 期間 2010/01/04〜2012/05/02
  • 使用チャート 1時間足
  • EMAパラメータは[12,26]固定、平滑シグナル[9〜20]で、価格が一目均衡表の転換線より上の時にMACDがシグナルを上抜いたら買い、価格が一目均衡表の転換線より下の時にMACDがシグナルを下抜けたら売り
買い
売り
総収益
pips
取引
回数
勝率
平均
収益
pips
最大
ドロー
ダウン
12,26,20
12,26,18
+3,157.0 672 258 413 1 38.39 4.6 1,698.4
12,26,20
12,26,19
+3,010.2 682 268 414 0 39.29 4.4 1,680.4
12,26,11
12,26,13
+2,797.8 764 289 475 0 37.82 3.6 1,520.3
12,26,20
12,26,17
+2,754.0 674 261 412 1 38.72 4.0 1,438.2
12,26,11
12,26,20
+2,692.6 676 272 404 0 40.23 3.9 1,572.4

バックテスト結果から

MACDのシグナルとのクロスよりはマシにはなったものの、手法として使えるかどうかは非常に微妙な結果となりました。
価格の移動平均線をベースとしたものはユーロドルとの相性が悪いのでしょうか。

GMOクリック証券 FXネオ

レンジとチャネルライン
トレンドラインの応用とレンジ

保ち合い(持ち合い)
抜けた方向に相場が動きやすい

下値切り上げ
ダブルトップと似ているような形

上値切り上げ
ダブルボトムとの見分けが必要

ヘッドアンドショルダー
相場の反転ポイントを見付ける

手法検証メニュー

リンク

FXのお部屋
FX相場情報ブログ
相場に関する事や最新情報

FX口座比較と開設のお部屋
FX口座の比較や口座開設に
お得なキャンペーン情報も