MACDのシグナルとのクロスという手法では好結果の残せなかったポンド円で転換線を加えての再検証です。

一目均衡表の転換線とMACDを使った売買手法の検証

ポンド円 転換線の上下でMACDがシグナルを抜けた際のバックテスト

バックテストの売買ルール 評価[D]

  • 期間 2010/01/04〜2012/05/02
  • 使用チャート 1時間足
  • EMAパラメータは[12,26]固定、平滑シグナル[9〜20]で、価格が一目均衡表の転換線より上の時にMACDがシグナルを上抜いたら買い、価格が一目均衡表の転換線より下の時にMACDがシグナルを下抜けたら売り
買い
売り
総収益
pips
取引
回数
勝率
平均
収益
pips
最大
ドロー
ダウン
12,26,20
12,26,15
+3,620.7 638 243 395 0 38.08 5.6 2,026.9
12,26,20
12,26,10
+3,200.7 660 264 396 0 40.00 4.8 2,232.1
12,26,11
12,26,15
+2,933.8 724 275 448 1 37.98 4.0 2,629.8
12,26,20
12,26,14
+2,799.7 654 251 403 0 38.37 4.2 2,050.7
12,26,20
12,26,12
+2,777.5 660 259 401 0 39.24 4.2 1,891.3

バックテスト結果から

MACD単体の取引手法よりはいくらか向上したものの、やはりどうも相性の悪そうなイメージのあるポンド円とMACDです。
一目均衡表の転換線の上下とMACDの動きは似ているので、MACD単体で好結果を残している通貨ペアに関しては更なる向上が見込めるようですが、MACD単体で冴えない結果の場合は劇的に変わるということは無いようです。

GMOクリック証券 FXネオ

レンジとチャネルライン
トレンドラインの応用とレンジ

保ち合い(持ち合い)
抜けた方向に相場が動きやすい

下値切り上げ
ダブルトップと似ているような形

上値切り上げ
ダブルボトムとの見分けが必要

ヘッドアンドショルダー
相場の反転ポイントを見付ける

手法検証メニュー

リンク

FXのお部屋
FX相場情報ブログ
相場に関する事や最新情報

FX口座比較と開設のお部屋
FX口座の比較や口座開設に
お得なキャンペーン情報も